【奨学金返済】400万の奨学金から私を半年で救った在宅ワーク

もう無理、返せない…自己破産してしまう前に。
奨学金の返済に有効な高収入の在宅仕事

返したいのに返せず、奨学金破産

もともとは「困っている人を助けるため」だったはずの奨学金が、いま「生きる希望がなくなるほど困窮する人」を生んでいます。

たとえば、NHKのクローズアップ現代で取り上げられた29歳・美香さん。母子家庭で育ち、高校と大学に行くために奨学金を借りました。その額、約600万円。昼間は働いて家計を支えながら夜間に通学。そうした苦労の末に卒業したものの、やっと就職できた先は、非正規の保育士の仕事でした。給与は平均月14万円。

家賃をはじめ、食費や光熱費を支払うと、手元に残るのはわずか6,000円。そこに奨学金の返済、月5万円がのしかかりました。払えるはずもなく、貯金通帳の残高は330円となり、いよいよ自己破産に追い込まれます。結婚を考えていた男性とも別れました。

借金を背負い、苦悩する女性

家族も共倒れにする奨学金破産

同じ番組での別の例です。62歳の吉男さん。子供4人を育て上げたものの、離婚し、現在は一人暮らし。老後に備えるため中古のマンションをローンで購入した直後、手元に一通の督促状が届きます。次男が自己破産し、返済できなかった奨学金の督促状。父親である吉男さんが、連帯保証人になっていたのです。返済すべき額は850万円。分割してもとても無理な額に、吉男さんも自己破産。

そこで終わらず、請求は吉男さんと同じく連帯保証人となっていた元妻に回ります。しかし、専業主婦の元妻も自己破産しか、選べる道はありませんでした。そもそもの発端である次男は、決して放蕩者なわけではなく、きちんと大学院まで卒業しました。しかし、非正規のカウンセラーになったところ、収入が少なく、支払えなくなったのです。


次ページ:奨学金で自己破産、約1万件
家でできる仕事ランキング

【奨学金返済】400万の奨学金から私を半年で救った在宅ワーク

ライター

るな

るな
24歳OL。奨学金・資格の勉強で借金を重ね、水商売の副業経験も。ある時に知ったこの在宅仕事で400万円の借金をおよそ半年で返済

女性のための検索
さくらぷれす